スーパーのPOSレジ|起業するなら塾で決まり!|カシコク運営していこう
女性

起業するなら塾で決まり!|カシコク運営していこう

スーパーのPOSレジ

機械

スーパーで便利なPOSレジの利用

POSレジとは、商品に付けられたバーコードを光学的に読み込むことで、値段の生産を行うシステムです。1970年代にアメリカで導入が始まりました。日本ではスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、外食産業、ガソリンスタンド、ホテルなどのチェーン店で利用されています。従来までのように、店員が金額をレジスターに打ち込む方式ですと、打ち間違いなども発生しますので、間違い防止に役立つシステムです。大型の量販店では、店員ではなく、顧客自身で自動販売機のように操作できるシステムも導入されて、人件費の抑制に役立っています。POSレジは裏でコンピューターとつながっていて、顧客情報を管理するのにも役立っています。

POSレジを利用するいくつかの理由

POSレジはコンピューターとつながっていますので、様々なデータを集計することができます。商品名、数量、価格、日付だけではなく、購入者の性別、年齢層、当時の天気まで収集できるシステムも有ります。集めたデータは売れ行き動向の把握や、今後の戦略に利用され、販売時点情報管理と呼ばれます。チェーン店ですと、各店舗で集計するだけではなく、データを本部で集めて、企業戦略に活用しています。収集する項目やデータの分析は企業秘密とされ、その企業が大きくなるための最大の武器となります。POSレジはデータ収集以外でも、操作に不慣れなアルバイトでも扱いやすいなど、利便性もありますので、今後ますます普及していくのは間違いありません。